• 火災保険を利用してお家のリフォームができることをご存知ですか?正確に言うと“リフォーム”という表現ではないかもしれませんが、自然災害による破損等を火災保険で“修繕”できる仕組みがあのです。
    申請できる修理の範囲も幅広く、家の内部・外壁・門・塀・カーポート・サイディング・屋根など、家の修繕のほとんどは保険が適用されます。
    認定された保険額の範囲内で工事を行うため、自己負担なしでの修理が可能です。
    また保険認定されない場合も調査費用は掛かりませんのでご安心ください。

  • 両親の介護が必要になってきたので、暮らしやすいようにそろそろ自宅のリフォームをしたい。とはいえ、階段に手すりをつけたり段差をなくしたり、バリアフリー化を実現するにはお金がかかる…
    そうしたときに活用したいのが、介護保険による住宅改修費の助成制度です。
    この制度は介護のために住宅改修する際にかかった費用を一部負担してくれる仕組みです。
    要介護認定を受けている被保険者が自宅の住宅改修を行う場合に、その工事費用(20万円まで)の7~9割が支給されます。

  • その他には、都道府県・市町村が独自に行っている住宅に関連する支援制度等がございます。
    自治体の支援制度は、定住人口の維持・増加、地元産業振興、子育て支援といった政策に沿って年度毎に予算づけられるため、これらに寄与する条件が付されることが多く、無条件で一律に支援されるということは多くありません。
    お客様がお住いの自治体の制度をお調べし、サポートすることも可能ですので、お気軽にご相談ください。